かごが使えない場合

ヘンデル(ゲオルク・フリードリヒ)の輸入楽譜


Handel (Georg Friedrich)ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
Georg Friedrich Handel
1685年2月23日 - 1759年4月14日
ドイツで生まれ、イギリスに帰化した作曲家。


1685年、ドイツのハレにて生まれる。
彼の父ゲオルグ・ヘンデルは、地元では有名な外科医だったという。

幼少の頃から音楽の才能をあらわす。

ヘンデルの父は、息子が法律家になることを望んでおり、ヘンデルが音楽を学ぶことに反対していた。

ヘンデルは父に隠れて音楽の勉強を続ける。

17歳、ハレ大学に入学、法律を学ぶ。また、地元プロテスタントの大聖堂のオルガニストに就任する。

18歳、ハンブルク・オペラハウスの、ヴァイオリン奏者、通奏低音奏者に就任する。

20歳 オペラ「アルミラ」「ネロ」を作曲する。 

21歳、フェルディナンド・デ・メディチの誘いにより、イタリアへ旅行する。

その後、イタリアオペラを多数作曲する。ベネチアにてオペラ「アグリッピーナ」が成功を収める。

25歳、ドイツに帰国する。

26歳、新作のオペラ「リナルド」を携え、ロンドンへ向かう。「リナルド」は大成功を収める。

27歳、オペラ「忠実な羊飼い」の初演が好評を得る。この頃から、ロンドンを本拠地に定める。

32歳、「水上の音楽」が国王と招待客の前で演奏される。国王は気に入り、この曲は招待客の前で幾度も演奏されたと記録が残っている。

34歳、王立音楽アカデミー(1719-34)を設立。ヘンデルは音楽監督に就任する。

35歳、オペラ「ラダミスト」が大成功を収める。

その後、オペラ作品を次々と発表する。

42歳、イギリス国籍を得る。

47歳、「狂乱のオルランド」を作曲する。

この頃から、多数のオラトリオを作曲する。

50歳、経済的に苦しくなり、王立音楽アカデミーを解散する。

その後も精力的に音楽活動をおこなう。

66歳、この頃から、視力が特に悪化したという。

67歳、完全に失明する。作曲・演奏活動は続けたという。

73歳、自称眼科医の粗悪な眼の手術を受け、体調が悪化する。

74歳、前年の眼の手術による体調の悪化で、ロンドンにて死去。



ヘンデルの作品では、オペラとオラトリオが特に有名であり、傑作と評されるものも多い。

ヘンデルは若いころから、器楽曲も作曲しており、『水上の音楽』『花火の音楽』やヴァイオリンソナタ、また多数の協奏曲も残しており、現在も演奏・録音の機会が多い作品も多い。

協奏曲では現在、『合奏協奏曲集 作品6』が、特に演奏の機会が多い作品である。



2017/12/14 今日のおすすめ楽譜


ショパンのピアノソロ ピアノ独奏 ベートーヴェンの弦楽五重奏 フレッシュのチェロ教本 教則本 練習曲