かごが使えない場合

リムスキー・コルサコフ(ニコライ)の輸入楽譜


Rimsky-Korsakov (Nikolai)ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ
Nikolai Andreevich Rimskii-Korsakov
1844年3月18日 - 1908年6月21日
ロシアの作曲家。
ロシア五人組の一人。



ノヴゴロド近隣のティフヴィンに軍人貴族の家庭に生まれる。

幼少のころより音楽の才能をあらわす。

6歳、このころにピアノを習い始める。

9歳、このころから作曲を始める。

12歳、サンクトペテルブルクの海軍兵学校に入学。

海軍学校に入学後も、ピアノのレッスンは続けたという。

18歳、海軍兵学校を卒業する。

その後、ロシア海軍に入り、2年半の周航の任務に就く。

21歳、交響曲第1番を完成する。

27歳、海軍大尉のままで、サンクトペテルブルク音楽院の作曲と楽器法の教授に就任する。

28歳、ナジェージダ・プルゴリトと結婚。彼女は作曲やピアニストとしての活動もおこなっていたという。

30歳、このころから指揮者としての活動もおこなう。

39歳、軍務を退き、海軍軍楽隊文官長に就任する。
また、このころ宮廷礼拝堂の副楽長にも就任、バラキレフの助手を務める。

45歳、ヨーロッパで演奏活動をおこなう。
このころパリ万国博覧会にてロシア音楽のコンサートで指揮を務める。このとき、グリンカ、ボロディン、ムソルグスキーなどを演奏したという。

64歳、ルーガ近郊のリューベンスクにて死去。



リムスキー=コルサコフの作品は、現在では特に、管弦楽曲が有名である。
彼の色彩豊かな書法で書かれた管弦楽曲は、彼の作品の中でも特に人気が高く、演奏・録音の機会も多い。

また、ロシア本国では、オペラの作曲家としての評価が非常に高いという。
現在、彼のオペラ作品は、ロシア国外でも徐々に人気が高まりつつある。



2019/10/22 今日のおすすめ楽譜


メンデルスゾーンの弦楽五重奏 ベッカーのチェロ ピアノ伴奏付き独奏 サン・サーンスのピアノソロ ピアノ独奏