かごが使えない場合

マルチェッロ (ベネデット)の輸入楽譜


Marcello (Benedetto)ベネデット・マルチェッロ
Benedetto Marcello
1686年7月31日ごろ - 1739年7月24日
イタリアの作曲家、作家、政治家。



1686年、ヴェネチアにて、貴族の家に生まれる。

幼少の頃に、父のアゴスティーノから音楽の手ほどきをうける。
この父から、ヴァイオリンも習ったという。

その後、アントニオ・ロッティ、フランチェスコ・ガスパリーニのもとで音楽を学ぶ。

ベネデットは、彼の父の意向から、法律の勉強に専念することになる。

その後、法律と音楽活動を両立した生活を確立する。

25歳、ヴェネツィア中央政府の議員になる。

44歳、ポーラ地区の長官に就任する。

52歳、「イストリア半島の気候にて健康が損なわれた」として、引退。

1739年、ブレーシャにて、結核で死去


ベネデットの作品は、教会音楽、ソロ・カンタータ、二重奏、ソナタ、協奏曲と交響曲など幅広いジャンルで、数百曲も残されている。

ベネデットは、有名な同じ作曲家でもある兄のアレッサンドロと共に、多才な人物として知られている。
兄のアレッサンドロはオーボエ協奏曲で有名な作曲家で、アレッサンドロとベネデットの作品は、昔は混同されることが多かったという。

ベネデットは本も著しており、『当世流行劇場(Il teatro alla moda)』(1720年)は、当時のオペラ業界に関わる人々の姿を、やや辛辣に描いた、現在では貴重な資料となる本である。
ベネデットはこの本を、匿名で出版したという。この本は当時から人気が高かったようで、その後も多くの版を重ねて現代に至っている。
ヴィヴァルディと同時代の頃の劇場にまつわるエピソードが読める、非常に興味深いこの著書は、日本語にも翻訳されており、現在も入手が容易である。



2017/10/21 今日のおすすめ楽譜


フォーレのヴァイオリンとチェロでの二重奏 フィオリッロのヴィオラ無伴奏 独奏 イザイの弦楽三重奏 トリオ