かごが使えない場合

サン・サーンス(シャルル・カミーユ)の輸入楽譜


Saint-Saens (Charles Camille)シャルル・カミーユ・サン=サーンス
Charles Camille Saint-Saens
1835年10月9日 - 1921年12月16日
フランスの作曲家、オルガニスト、ピアニスト。

現在では、組曲『動物の謝肉祭』、交響曲第3番『オルガン付き』、交響詩『死の舞踏』などが特に有名。

1835年に官吏の家庭に生まれる。

神童で、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲を、10歳でバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンなどの作品の演奏会を開き、16歳ではじめての交響曲を書いたと言われている。

1848年、パリ音楽院に入学。
オルガンをブノアに、作曲をアレヴィに師事した。
サン・メリー聖堂のオルガン奏者をつとめた後、58年マドレーヌ聖堂のオルガン奏者に迎えられ77年までその職にあった。
その間ニデルメイェール音楽学校でピアノを教え、フォーレなどを指導した。

1871年にはフランス音楽普及のために、フランク、フォーレらとともにフランス国民音楽協会を設立するなど、多方面にわたって活動を続け、多くの名誉と勲章を受けた。

1921年に旅行先のアルジェリアで亡くなっている。


彼の音楽は、初期はベートーベンに傾倒して古典主義的基調を持ち、のちにワーグナーの影響を受けるなど、その様式はあらゆる音楽家の良いところを混ぜ合わせたようなものだったことと、名演奏家としての数多くの国外旅行の結果、生前は多くの支持を受け、国際的評価を受けていた。
死後のフランスでの評価は、「フランクやフォーレのように真にフランス的にユニークな特性を持っていない」とされ、後継者もいなかった。

しかし、最近になってようやく、フランス国内でもサン=サーンスを再評価する動きも出始めている。
2007年には、サン=サーンスのピアノ作品全集の出版の開始された。



2017/10/21 今日のおすすめ楽譜


クロイツェルのヴィオラ教本 教則本 練習曲 ヤンサのヴァイオリンとヴィオラでの二重奏 バッハ(J.S.)のヴァイオリン デュオ 二重奏 ピアノ伴奏付き