かごが使えない場合

シューベルト(フランツ・ペーター)の輸入楽譜


Schubert (Franz Peter) フランツ・ペーター・シューベルト
Franz Peter Schubert
1797年1月31日 - 1828年11月19日
オーストリアの作曲家。


1797年、ヴィーン郊外リヒテンタールで生まれる。
シューベルトの父は小学校の校長だったという。

6歳、普通の学校に入学。またこの頃から、父からヴァイオリンの初歩、兄のイグナーツからピアノの初歩を習う。シューベルトは音楽に対する非凡な才能をあらわし、すぐに父や兄のレベルを超えたという。

7歳、教会の聖歌隊指揮者ミヒャエル・ホルツァーからオルガン、歌唱、理論などの基礎を学ぶ。

11歳、カトリック系神学校の帝室王立寄宿制学校(コンヴィクト)に、奨学金を得て入学する。サリエリから作曲を、ルツィツカからピアノを学ぶ。

15歳、サリエーリから対位法、イタリア歌曲を学ぶ。この週2回・約2年間のレッスンは無料だったという。

16歳、コンヴィクトを退校。ヴィーンの聖アンナ師範学校に入り教師資格を得る。

17歳、父親の学校で初等教育の教師として働く。この頃も、サリエリから作曲について個人的な指導を授けていたという。

この頃の冬に、詩人ヨハン・マイアホーファーと知り合う。

19歳、フランツ・フォン・ショーバーから「教師を辞め、音楽に専念しないか?」と提案され、彼の家に居候する生活が始まる。

その後、マイヤーホーファーからの紹介で知り合ったバリトン歌手フォーグルがシューベルトの歌曲をウィーンのサロンで歌うなど、友人の支援もあり、徐々に作品がひろまり始める。

また、商人のゾンライトナーから無償で部屋を借りて、演奏会を行えるようになり、それは後に『シューベルティアーデ』を呼ばれるようになる。

20歳、歌曲「ます」、「死と乙女」などを作曲。

21歳、シューベルトの作品「序曲(D590)」が初めて、入場料を取る演奏会にかかる。
夏、エステルハージ伯爵の令嬢2人のピアノ教師として、ハンガリーのツェレスへ向かう。
このとき、当地で30代の侍女と関係を持ち梅毒をもらったという説もある。
ピアノ教師の仕事を終え、ウィーンへ戻ると、ショーバーの家から出ることになる。

22歳、リート「羊飼いの嘆きの歌(D121)」が公開演奏会で歌われる。
夏、フォーグル北オーストリアへ旅行。
その後、マイヤーホーファーの家に居候する。

23歳、ケルントナートーア劇場でオペラ2作品が上演。

24歳、フォーグルが歌曲「魔王」を演奏会で歌ったことがきっかけで、この頃からシューベルトのリートが出版され始める。
この後、シューベルトのリートは、185曲ほど出版されたため、それなりに収入があったという説もある。さらに、シューベルトには浪費癖があり、結局は貧しかったという説もある。

また、この頃からショーバーと毎夜、いかがわしい宿に通っていたという説もある(そして、このとき梅毒に罹患したと見る人もいる)。
この頃は、シューベルティアーデをすっぽかすこともあったという。

25歳、この年の終り頃、梅毒の症状が悪化し、翌年、入院する。

27歳、夏、再びエステルハージ伯爵からピアノ教師の仕事をもらい、ハンガリーのツェレスへ向かう。

以降、作曲活動を活発にし、代表曲を多数作曲する。

31歳、腸チフスのために死去。(死因は、梅毒の治療のための水銀中毒とする説もある。)


シューベルトの作曲家としての活動期間は、早世したため10年あまりと短いが、残した作品は700曲以上にのぼる。またその中では、とりわけ歌曲が大きな割合を占めている。



2017/10/21 今日のおすすめ楽譜


レイトン(ケネス)のヴィオラ ピアノ伴奏付き独奏 ヘンデルのチェロ ピアノ伴奏付き独奏 マルチェッロ のチェロ ピアノ伴奏付き独奏