かごが使えない場合

シュトランツ(ウルリッヒ)の輸入楽譜


Stranz (Ulrich)ウルリッヒ・シュトランツ
Ulrich Stranz
1946年5月10日 - 2004年4月27日
ドイツの作曲家。



1946年、ドイツ、オーバーバイエルン地方にて生まれる。

その後、ミュンヘンにて育つ。

19歳、フリッツ・ブフガーに音楽理論と作曲を学ぶ。
また、エリック・ケラーに師事し、ヴァイオリンを学ぶ。

20歳、ミュンヘン音楽学校を卒業する。

22歳、ミュンヘン国立音楽大学にて、ギュンター・ビアラスに師事し、作曲を学ぶ。
ハインツ・エンドリズに師事し、ヴァイオリンを学ぶ。

24歳、作曲コンクールで1等となる。

26歳、ミュンヘン国立音楽大学の作曲の学位を得る。
この頃、ユレヒト大学の音響学研究所(電子音楽スタジオ)にて務める。

28歳、チューリッヒに移住する。

29歳、チューリッヒ市から表彰される。

30歳、ミュンヘン市から、音楽の奨学金をうける。

その後、チューリッヒやミュンヘンにて音楽教育者、作曲者、演奏家として、活発に活動を行なう。

34歳、研究員として、ローマに滞在する。


2004年、チューリッヒにて、58歳の誕生日の直前に癌で死去する。



シュトランツは、生前、音楽教育者、作曲家、演奏家として活発に活動をおこなった。

作曲家としては、ピアノ曲、室内楽、交響曲など多数残されており、彼の作品の多くは、ベーレンライター社から出版されている。

彼の作品では、特に室内楽とピアノ曲などが、演奏・録音の機会が多いようである。
また、彼自身も優秀なヴァイオリニストだったため、彼のヴァイオリンのための曲も、人気があるという。



2019/07/17 今日のおすすめ楽譜


クンマー のチェロ デュオ 二重奏 リーのチェロ ピアノ伴奏付き独奏 ザイツのヴァイオリン ピアノ伴奏付き独奏