かごが使えない場合

ヴィヴァルディ(アントニオ)の輸入楽譜


Vivaldi (Antonio)アントニオ・ヴィヴァルディ
Antonio Lucio Vivaldi
1678年3月4日 - 1741年7月28日
ヴェネツィア出身のカトリック司祭、バロック末期の作曲家。

トレルリやコレルリの後を継ぎ、古典協奏曲の様式を確立した人物。
後のバッハやヘンデルに強い影響を与えたことでも知られる。

生涯に作曲した作品総数は600曲を越え、そのうち554曲は器楽曲である。
また、ヴァイオリンの名手だったヴィヴァルディは、330曲もある弦楽器の協奏曲の、7割がヴァイオリンのために書いている。


1678年、イタリアのヴェネツィアに生まる。

彼の父は、サン・マルコ大聖堂付きオーケストラのヴァイオリニスト兼、理髪師だった。
ヴィヴァルディは、その父親からヴァイオリンを学んだという。

10歳の頃、教会付属の学校に入る。
25歳の時に、司祭に叙階される。

26歳の頃には、ヴェネツィアのピエタ慈善院付属音楽院でヴァイオリンを教えていたという。
また、赤毛であったことから「赤毛の司祭」と呼ばれていた。

彼は、喘息を煩っていたため、ほとんどミサをあげなかった。

後に、ピエタの協奏曲長になったヴィヴァルディは、コンチェルト、カンタータ、ソタナ、オラトリオなど数多くの器楽曲や宗教曲を提供し、リハーサルを監督する役割を担う。

35歳の時に、最初のオペラ「離宮のオットー大帝」が初演。

以降、オペラ作曲家としての名声もしだいにゆるぎないものになり、ヴァイオリンの無類のヴィルトゥオーソとしての演奏旅行のほかに、オペラ上演のためにヨーロッパ各地を回った。

63歳のとき、ウィーンのケルントナートーア劇場専用の作曲家宿舎で内臓疾患により客死。

彼の遺体が貧民病院の墓地に埋葬されていたことが判明したのは、約200年経った後のことだった。


作品は一般的に、デンマークの音楽学者ペーター・リュオムによる、RV番号で整理される。



2019/10/22 今日のおすすめ楽譜


バッハ(J.S.)のヴァイオリンとチェロでの二重奏 チャイコフスキーのコントラバス ピアノ伴奏付き独奏 シュターミッツのヴァイオリン デュオ 二重奏