かごが使えない場合

ハイドン(ヨーゼフ)の輸入楽譜


Haydn (Franz Joseph)フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
Franz Joseph Haydn
1732年3月31日 - 1809年5月31日

古典派を代表するオーストリアの作曲家。


1732年、ハンガリーの国境近くのローラウ村に生まれる。
音楽家の家庭には生まれなかったが、幼いころより音楽の才能をあらわし、親戚の家に送られ、音楽の勉強を始める。

8歳のころから、ウィーンのシュテファン大聖堂の少年聖歌隊員になり、9年間在籍する。この間、カトリック教理、ラテン語、一般学校と、音楽教育を授ける。

ちなみにこの頃、聖霊降臨の祭日で歌った時にハイドンが建築足場に登って騒ぎ、マリア・テレジア皇后に直々に厳しく叱責されたという逸話が伝わっている。

16歳の時に、声変わりのため、聖歌隊を解雇される。その後、10年間ほど幅広い仕事に従事しながら勉強に勤しむ。

27歳で、ボヘミアのカール・モルツィン伯の楽長に就いた後、西部ハンガリー有数の大貴族のエステルハージ家に30年間仕えた。
その間、ハイドンは数多くの作品を作曲したが、彼の作曲様式も向上し、エステルハージ家のでもハイドンの人気は上がる。徐々にエステルハージ家のためだけではなく、他の人からの注文や、出版のために曲を書くようになる。

1790年、エステルハージ家のニコラウス侯爵が死去し、ハイドンは年金暮らしになる。

その後、イギリスでの演奏会の大成功などで名声を得た後、エステルハージ家楽長に再就任する。

1802年以後は、持病が悪化し作曲活動はほとんど行われなかったという。

1809年、ハナポレオンのウィーン侵攻の中で死去。


ハイドンは古典派音楽を確立した人物である。
交響曲、弦楽四重奏曲、ソナタなどの形式・様式を完成させ、モーツァルトやベートーヴェンなど、後の作曲者達の進むべき方向性を確立した。
それゆえに、交響曲の父、弦楽四重奏の父、ピアノソナタの父、ソナタ形式の父、古典派音楽の父、などと呼ばれている。



2017/10/18 今日のおすすめ楽譜


スウェルのチェロ アンサンブル キュヒラー のチェロ ピアノ伴奏付き独奏 メンデルスゾーンのピアノソロ ピアノ独奏