2007年6月のバックナンバー

『題名のない音楽会21』の羽田健太郎さん

6月 4日 2007年

作曲家、ピアニストの羽田健太郎さんが癌のために亡くなられました。

私の父親とほとんど同じ年齢で(58歳)、早すぎる死に残念でなりません。
私が羽田さんを意識し始めたのはアニメの「超時空要塞マクロス」でした。当時小学生だった私は、アニメの主題歌やBGMのメロディを、音楽室のオルガンやソプラノリコーダーで演奏して遊んでいました。
音楽教室で習うものとはまた違った面白さをテレビやゲームから感じていましたが、大人になってから考えれば、そこに羽田さんなどが作曲された、しっかりした音楽があったことを嬉しく思います。
『渡る世間は鬼ばかり』の音楽などが有名です。代表的なお仕事についてはこれからあちこちのニュースなどで取り上げられるかと思いますが、その幅広い活動も特徴だと思います。私の印象に残っている最近のご活躍では、ドラマ「砂の器」でのピアノ演奏と『題名のない音楽会21』の司会でしょうか。「砂の器」では、救いようのない芸術家の運命を見事演奏で表現されていました。『題名のない音楽会21』ではクラシック音楽への間口を広げられる楽しい番組をうまく司会されていました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

輸入楽譜レパートリー RSS Twitter

2007年6月の記事一覧

月別リスト