2007年8月のバックナンバー

みずほ総合研究所から お客様

8月 28日 2007年

昨日みずほ総合研究所から、お客様がいらっしゃいました。
通販専門店なので、日頃から来客自体が少ないのですが、今回は雑誌の取材に一流の会社からの来客ということで、とても緊張しながらお迎えいたしました。しかし、皆さん知的な雰囲気がありながらも、気さくで会話もうまく、取材というよりも楽しくお話をさせていただいた感じでした。
みずほ総合研究所が発行されている雑誌「Fole」を読まれている方というのが、経営者や銀行の方々ということで、バイオリン楽譜.ネットなんかが記事になっても良いのかなと思ってしまいますが、変わった専門サイトということで紹介してもらえるようです。本当に掲載されましたら、このホームページでもご紹介させてもらうようにお願いしようと思っています。
ただ皆様には内緒で夏の間 頭をボウズにしていたのが、ばれてしまうのが少し気になってしまいます。

甲子園 その3

8月 22日 2007年

時間が前後しますが、実は母校が出る前の試合から友人達と観戦しておりました。私たちが座った3塁側は秋田県代表の金足農業。
選抜で準優勝の強豪を相手に互角の戦いぶりを見せ1点差で惜敗しましたが、最後まで試合を諦めない気持ちの良い戦いぶりを見せてくれました。
中でも4回表、のど元に鋭い打球を受けて倒れ込んだ高橋投手が、何とか上半身だけ起きて球を拾い、一塁に送球してアウトを取った場面には立ち上がって拍手をしました。
高橋投手は直後、担架で運ばれベンチで治療をしましたが病院に運ばれピッチャー交代となりました。
私達は試合を見ている間にどんどん感情移入し、にわか秋田県民となって大声で応援していました。
写真は金足農業の応援団。応援団を仕切っているのが女性で、またとても格好良かったのです。
甲子園

甲子園 その2

8月 22日 2007年

今日 決勝が行われる夏の甲子園ですが、今年は逆転や一点を追う試合など、とても良い試合が多かったように思います。6時半ごろ開始で8時40分ごろ終了というプロ野球のような試合もありました。
私も一日だけですが、母校が出場したのでお盆前に甲子園に応援に行ってきました。最初に結果を言ってしまうと、試合は9回裏の2アウトまで2点差で勝っていたのですが、同点にされて、延長戦になって、サヨナラで負けてしまいました。(涙)惜しかったなぁ。
しかし、すべて地元出身のヒーロー(選手達)を応援する、町が空っぽになっているだろう大応援団は、試合中とても盛り上がっていました。私も声が涸れるまで応援しました。本当に地元出身の選手ばかりで、9人のうち7人が同じ町の中学校出身なんです。しかも監督も私が体育を習っていた先生。黒部市からは応援団のために何十台もバスが出て、臨時特急も組まれました。
何試合も勝ち進まれたら「応援する側の体力が続かない」などと負け惜しみを言いながらも、夢をくれた選手達に感謝しております。
写真は桜井高校の吹奏楽と応援団。バックの一般の応援の人口密度が濃いです。甲子園

甲子園 その1

8月 6日 2007年

私の母校、富山県立桜井高校の野球部が、富山県大会で優勝し甲子園に出場することになりました。
バンザーイ!
私が高校二年生の時以来で、なんと17年ぶり。こんなところで自分の年齢を感じてしまいました。現役の子達と年齢がダブルスコアなんですね。
昨日第1試合の組み合わせ抽選がありまして4日目に試合することに決まり、同級生達と甲子園まで応援しに行くことになりました。
富山県は野球ではあまり目立たない県で勝ち進むことも珍しいので、応援する私も「一勝はして欲しい」という後輩達には失礼な応援の仕方なのですが、その分一回だけで燃え尽きてしまうくらい力一杯応援してこようと思っています。

輸入楽譜レパートリー RSS Twitter

2007年8月の記事一覧

月別リスト